歩のゆるり暮らし

資産形成、暮らしの効率化などをゆるやかに語ります。

私の資産履歴(貯金編)⑯「メガネをアイメトリクスにした」

【教訓】

 ・自分に適したメガネを購入すると、それ以上のメガネが欲しくなくなる。

 ・メガネを購入する頻度が下がると、貯金増につながる。

 

2014年、38歳。

社会人生活13年目。

貯金が300万円程度。

メガネを、アイメトリクスでつくりました。

続きを読む

私の資産履歴(貯金編)⑮「amazonでの書籍購入が、なくなった」

【教訓】

 ・図書館通いの継続により、より多くの著書に触れることができた。

 ・図書館通いの継続により、amazonでの書籍購入がなくなった。

 

2014年、38歳。

社会人生活13年目。

貯金が300万円程度。

amazonでの書籍購入が、自然となくなっていきました。

続きを読む

私の資産履歴(貯金編)⑭「iPhoneを、解約した」

【教訓】

 ・加入している携帯電話の会社の変更をした。

 スマホではなくガラケーの契約にすると、貯金を増やす要因になる。

 

2014年、38歳。

社会人生活13年目。

貯金が300万円程度。

iPhoneを、解約しました。

続きを読む

私の資産履歴(貯金編)⑬「保険の加入内容を縮小した」

【教訓】

 ・加入している保険を、解約もしくは縮小の検討をした。

 ・加入している保険を縮小すると、貯金を増やす要因になる。

 

2014年、38歳。

社会人生活13年目。

貯金が300万円程度。

保険の加入内容を、縮小しました。

続きを読む

私の資産履歴(貯金編)⑫「ルノーカーを、手放した」

【教訓】

 ・より多くの駅にアクセスできる場所に住むと、自動車が要らなくなる。

 ・自動車の所有をやめると、貯金額が劇的に増える。

 

2013年、37歳。

社会人生活12年目。

貯金が300万円程度。

大切にしていたルノーカーを、手放しました。

続きを読む

私の資産履歴(貯金編)⑪「サプリメントを、養命酒だけにした」

【教訓】

 ・サプリメント大部分をやめても、体調はさほど変わらない。

 サプリメントをやめると、年間で30,000円以上の支出を減らせる。

 ・我慢をしてまで、全てのサプリメントをやめなくてもよい。

  好きなサプリメントがあれば、種類を限定して継続してもよい。

  健康面とコスト面のメリットを少しずつ受けられる。

 

2012年、36歳。

社会人生活11年目。

貯金が300万円程度。

飲用するサプリメントを、養命酒のみに限定しました。

続きを読む

私の資産履歴(貯金編)⑩「1dayコンタクトレンズ、やめた」

【教訓】

 ・コンタクトレンズの着用をやめると、目の健康面のメリットが出てくる。

 コンタクトレンズの着用をやめると、年間で60,000円弱の支出を減らせる

 

2011年、35歳。

社会人生活10年目。

貯金が300万円程度。

1dayコンタクトレンズの着用を、やめました。

続きを読む

私の資産履歴(貯金編)⑨「自分の資産を、推移にしてExcelにまとめた」

【教訓】

 ・Excelで資産を見えるようにすると、自分の課題が見つかる。

 ・マトリクスで課題をまとめると、課題の着手順が見えてくる。

 

2011年、35歳。

社会人生活10年目。

貯金が300万円程度。

頑張って、自分の資産を、推移にしてExcelにまとめました。

続きを読む

私の資産履歴(貯金編)⑧「週に1〜2回の図書館通い、はじめた。そして、取り組むべきテーマに気付く」

【教訓】

 ・図書館通いは、自分の貯金生活での取り組む方向性に気付かせてくれた。

 ・図書館で多くの著書を読むことで、取り組むテーマを絞ることができた。

 

2011年、35歳。

社会人生活10年目。

貯金が300万円程度。

頑張って、図書館通いをはじめました。

続きを読む

私の資産履歴(貯金編)⑦「お酒、やめた」

【教訓】

 ・毎晩の飲酒を、やめることができた。

 ・脱飲酒の生活が、貯金を徐々に増やせる要因の1つとなっていった。

 

2011年、35歳。

社会人生活10年目。

貯金が300万円程度。

頑張って、お酒をやめました。

続きを読む

私の資産履歴(貯金編)⑥「冷凍技術により自宅食を継続」

【教訓】

 ・市販の冷蔵庫の冷凍技術のおかげで、自宅食を継続できた。

 ・自宅食を支えるため、新たな冷蔵庫への初期投資を惜しまなかった。

 ・自宅食中心の生活が、貯金を徐々に増やせる要因の1つとなっていった。

 

2011年。35歳。

社会人生活10年目。

貯金が300万円程度。

世の中では「貯金が少ない方」と受け止められる。

その事実に、ようやく気付きました。

 

給料は決して少なくないのに、貯金が少ない。

そう、当時の私はれっきとした浪費家。

 

今後も浪費家のまま、1つの会社で労働を一生を送っていくつもり?

自分に問いかけてみる。

「絶対嫌だ!好きでない仕事を今後も毎日続けていく自信はない。」

 

じゃあ、今後どのように自分を変える?

浪費家で貯金が少ない状態から、どのように抜け出す?

 

私がまず着手したのは、自分の食生活でした。

続きを読む

私の資産履歴(貯金編)⑤「35歳。マンション購入を検討。そして自分が浪費家であることに気付く」

【教訓】

 ・社会人10年目。頭金を支払える貯金が無く、マンション購入を断念した。

 ・けれど、もしその時マンションを購入していたら、きっと人生詰んでいた。

 

2011年。社会人生活10年目。

35歳。(大学生活が長かったので…)

自分が浪費家であることに気付いたのは、些細な出来事からでした。

続きを読む

私の資産履歴(貯金編)④「20代…サプリメントと温泉」

【教訓】

 ・サプリメントへの依存をすると、貯金はできない。

 ・温泉を趣味にすると、貯金はできない。

 

正直、社会人生活の最初の10年間、私の無駄遣いっぷりは、本当にひどかった。

健康は、お金を費やさないと得られないという誤解をしている一面がありました。

サプリメントや温泉といった、確実にお金のかかる取り組みを継続してしまっていました。

続きを読む

私の資産履歴(貯金編)③「20代…1dayコンタクトレンズと足裏マッサージ」

【教訓】

 ・1dayコンタクトレンズを常用していては、貯金はできない。

 ・マッサージ通いを続けていると、貯金はできない。

 

正直、社会人生活の最初の10年間、私の無駄遣いっぷりは、本当にひどかった。

コンビニ食と外食100%の食生活というのはひどかった。

また、amazonでの本のたくさんの購入や外車の購入は、もっとひどかったと思います。

ですが、振り返ってみて『完全に無駄遣いだった』とおもえることは、まだまだあります。

それは、1dayコンタクトレンズの常用と、月2回以上の足裏マッサージです。

続きを読む

私の資産履歴(貯金編)②「20代…amazonと外車」

【教訓】

 ・インターネットでの買い物は、中毒性が高い。

 ・外車の所有は、快適さと引き換えに大きな負債を引き受けてしまう。

 

正直、社会人生活の最初の10年間、私の無駄遣いっぷりは、本当にひどかった。

コンビニや外食100%の食生活というのもひどかったですが、さらに大きな無駄遣いがありました。

amazonでの本の購入中毒と、外車の購入です。

続きを読む